【超ポイントバック祭】 1800X600XH1200 CB型セミボルトレス軽量棚 TRUSCO トラスコ中山(株) 3段 おすすめ】[CB99] 】【おしゃれ トラスコ TRUSCO 工具 【DIY CB-4663-GN グリーン-その他

サンゲツカーペット ニューサンシンシア 色番CN-3 サイズ 220cm 円形【送料無料】カフェ・アントワーヌの秘密 DVD-SET1[DVD][4枚組]【D2016/12/2発売】

【超ポイントバック祭】 1800X600XH1200 CB型セミボルトレス軽量棚 TRUSCO トラスコ中山(株) 3段 おすすめ】[CB99] 】【おしゃれ トラスコ TRUSCO 工具 【DIY CB-4663-GN グリーン-その他


納期について:メーカー直送品(代引き不可)

【DIY 工具 ツール トラスコ中山 オレンジブック TRUSCO 工事book トラスコ 】


メーカー名:トラスコ中山(株)
【 特長 】
・組み立て簡単、今までボルト組みをしていた手間が大きく省けます。
・中棚は全て棚受けに棚板を置くだけの段替え簡単構造(中棚ボルト不要)です。
・頑丈なガセットプレート(天地揺れ止め金具)と支柱とのクサビ効果によって優れた剛性を発揮しています。

仕様


品名  TRUSCO CB型セミボルトレス軽量棚 1800X600XH1200 3段 グリーン
品番  CB-4663-GN
間口(mm)  1800
奥行(mm)  600
高さ(mm)  1200
有効間口(mm)  1720
  グリーン
棚段数(段)  3
均等積載量(kg/段)  150
最大積載量(kg/台)  900
棚板調整ピッチ(mm)  50
有効間口寸法は、間口-80mm
均等積載量は150kg/段
有効棚段間隔寸法は棚段間隔寸法-35mmです。
本体外寸法は間口+2mm、奥行+2mm、高さ+2mmです。
棚板実寸は間口、奥行よもに呼び寸法の-13mmです。
【 材質/仕上 】
スチール
質量  37.800kg
JANコード  4989999894295

【 注意 】
●車上渡しのため、お客様での荷降ろしが必要です。

※重量物の為配達の際は車上渡しになります。
※荷降ろし時の人員の確保またはフォークリフトや昇降機のご準備をお願いいたします。。

新年の営業は1月3日10:00から!! 今年は、元号も令和に変わり沢山の変化が起きた一年だったと思い…

やさしいジョイントマット 約8畳本体 レギュラーサイズ ミント×ベージュ

【NEW STAFF】 ベイです! by 浅井大晴

グビッ プハーーー! 初めまして! Circlesで働くことになった浅井大晴です!コーラ大好きです!…

【GIRO】最高の被り心地を提供するアジアンフィットモデル by 柳瀬公識

やれ足が短いとか、顔のパーツが中心によっているとか、身体的なコンプレックスをいろいろと持っていたので…

テーマ

【VELOCITY】小径車用リム特集

小径車といえば、サークルズではアメリカ・オレゴン州でハンドメイドのカスタム・フォールディングフレームを作っている ボッシュ 振動コア32mmストレートセット PSI-032SR (733-4991) 《コアドリルビット》 をオススメしていますが、小径車で多くご相談いただくのが、そのホイールの選択肢について。

やはり、乗る人によって使い方は様々ですし、例えばバイクフライデーが考えているようなずっと使い続けられるモノ作りに呼応するように、やはりそのバイクに装着させるホイールも丈夫なホイールを求める方は少なくありません。 そこで辺りを見渡すと、なかなかホイール、特にリムの選択肢というのは少なく、困っている人も多いのが実情。

そんな中で、サークルズではアメリカの優れたリムメーカー、VELOCITY / ベロシティー の小径車用のリムのラインナップをしっかりと揃えていますので、是非 サンコー テクノ オールコアドリルHCタイプ ボディ HCB-95 (558-2776) 《コアドリルビット》 でのホイール組みも合わせてご検討してみてください!
"人 with 自転車"の素敵な関係
ホット&クール ナイロンラグ レシェ 140×200cm イエローグリーン【代引不可】【送料無料】斉木楠雄のΨ難(2)[DVD]【D2017/1/18発売】
Yoshiki Hara with RETROTEC / ATB Cruiser

もともと古いビーチクルーザーが好きだったこともあり、レトロテックの自転車を初めて見たときに一目惚れ。特に彼の乗っているトラスフォークのマウンテンバイクを見て、絶対彼に自転車をお願いしようと心に決めました。

カーティスさんの作るバイクはもちろん素敵ですが、彼のコレクション(イセッタは本当に最高です)を見れるのも僕の楽しみの一つ。 いつか必ず彼の工房にもお邪魔したいと思います!